本文へスキップ

岐阜市 石谷 気功整体 ありがとう感謝療法 癒しの家 快癒園です。

神代文字動画policy&FAQ

ホツマ文字 ひふみ祝詞 あわ歌

●ホツマ文字
上古第21代イザナギ・イザナミ命
ホツマツタヱ等の文献がこの文字で
書かれています。ヲシテともいいます。

気功治療家の片野貴夫は鍼灸の治療を行う
過程で人体のツボに鍼の替わりに
形霊(形のエネルギー)を書くことで治療が
できる事を知っていました。
古代文字のホツマ文字を見た時に
これは体の部分を示していることを直感し、
ツボにホツマ文字を書くことで形霊となり治療
できることを実証しました。

またひふみ祝詞・あわ歌などの言霊も
読むだけでなく、心の中に古代文字を
イメージしながら読むことによって効果が
得られることを発見しました。
ひふみ祝詞はエネルギーを入れる・補充する
あわ歌は余分なエネルギーを抜く・解放する
そして各経絡に合う古代文字を見つけました。

この下の画像は古代文字の
ホツマ文字のひふみ祝詞
ホツマ文字のあわ歌が
文字の動画で映写されます。
ひふみ祝詞は「ひふみ、、」から「ほれけ」まで
あわ歌は「あかはなま」から「たらさやわ」まで
必ず、ひふみ祝詞、あわ歌両方とも読むように
してください。

●ひふみ祝詞は日本に古くから伝えられている
音の並びです
すべての音が重複せずに作られています。
三五七、三五七、三五九というリズムで構成
されています。
奈良県天理市にある石上神宮に伝わる
10種類の宝と伝承される
十種神宝を補説する『先代旧事本紀』の中に、
「もし痛むところあれば、この十宝をして、
『ひふみよいむなやこと』と言いて
『振るえ、ゆらゆらと振るえ
 かく為せば、まかる人は返りて生きなむ」と
あり健康に関連する古代の呪文と思われます。



●あわ歌 とは3300年前の文献、
 「ホツマツタヱ」の初めの章に出てくる歌です
これも「ひふみ祝詞」と同じように一音も重複
せずに五七のリズムで成り立っています。
「ホツマツタエ」には「あわ歌」を声に出すと
「五(い)クラ、六(む)ワタ」を整え、
24の気の流れが良くなると書いてあり
この書に出てくる「スミエの翁」は
「あわ歌」を唱えて病気をしなかったと
言っています。
 

   

  

癒しの家 快癒園

〒501-1106
岐阜市石谷646の41
TEL 090-4260-3877
FAX 058-238-8907

快癒園園は出張します!

ご予約は携帯電話へ
090-4260-3877
メール  healing392000@yahoo.co.jp

予約の際には
お名前・ご希望の日時
出張希望の場合は
ご住所をご連絡ください

岐阜市内 出張・送迎無料